初めてのトレッキングシューズで違和感がある人へ

トレッキングシューズ、

お店で履いてみたときと、実際に山歩きしての履き心地が違うことってよくあるよね。

じつは、ぼくも違和感ありのシューズのほうが多い(笑) 先週買ったばかりのシューズもやっぱり、なんだか違和感あり。 だから、こんな方法で対処してるよー。

いちばん上のフックを使わない

こんばんわ、遥かカナダ(彼方)を “身近なカナダ” に 「カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。 http://tanakakoichi.com/

フックに2回引っ掛ける

例えば、トレッキングシューズに慣れてない人とか、くるぶしが当たるとか、そんなときの対処方法になることもあるよー。

ポイントをいくつか挙げると、

①少し傾斜のあるところで履く。

②フックにかける前に1回結ぶ。

③膝を入れておく(下りをイメージして)

④フックに2回引っ掛ける。

動画で見てみよう!

かなりキツめに締めてるようだけど、実際にはもっと緩くてもOK

強弱の加減は自分で見つけてね(^^♪


くるぶしより上を開放させてる分、足首周辺を、気持ちキツめにしてみた っていう方法。

今日のまとめ

これ、あくまでもぼくの体験から得た我流なので、正しいとか間違ってるとかは分かりません。賛否両論イロイロのはずだけど、ぼくは、この方法で下りも不安がないので現時点では最善の方法です。

日本の登山道のような激しい岩場などでは避けたほうが良いだろうけど、ロッキーの普通のトレッキングコースで、そんなに激しい岩場ってないから。

伝えたかったのは、必ずしもマニュアルどおりにする必要はないかもよ っていうこと。

フックがふたつあろうと3つあろうと、そこに靴ひもをすべて引っ掛ける必要はないかも?

どこかが当たるのなら、まだ、シューズが足に馴染んでないのかもしれない。だったら、あえてそこをハズしてみたらどう? そんな軽い気持ちです。

せっかく高い買い物をしてもらったんだから、最初は違和感があっても、視点を変えてみたらなんとかなるかも。

正しいとか間違ってるとかではなくて、いろいろやってみたらどうかな? お手伝いしまっせー!(*^^)v  そんな気持ちで書いてみた今日のブログです。

それではまた!(*^^)v

LINEで 『 “いつでも身近なカナダ” 』 に!
ロッキーの画像や最近の様子を田中が配信してます。

Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してくださいね ♪

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪

●Twitter https://twitter.com/tnk51canmore

●Instagram https://www.instagram.com/tnk51canmore/

●Facebook https://www.facebook.com/koichi.tanaka.5201

The following two tabs change content below.
田中康一(たなかこういち)
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き経験が浅い人たちが安心できる工夫が得意。「田中さんにお任せ!」と、リピーターになって再訪するゲストも多い。"お客さま" ではなく「"遊び仲間"」と呼びたいので、客扱いされたい人とは気が合わず。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍、エクスマ、コト売り。