カナダ旅行の服装と準備に迷ったら読んでほしい!最新情報その① 

登山用品が「カナダ旅行と帰国後の日常に役立った」っていうテーマで書いてます。でも、ぼくの個人的な意見ではなくて、カナダで一緒に遊んでくれたぼくのゲストさんたちが証明してくれたことばかり。

いわゆる、レビューが終結した結果です。みんなの体験がこれからカナダに来る人たちの不安を省いてくれたら嬉しいですね。

役立つことがいっぱいなので、本文は長いよ!(^^♪ でも、読み終えたら不安が解消されて楽しみが増えるかもよ。

「遥か彼方(カナダ)を “身近なカナダに」
カナダへ行きたい! っていう人が増えてくれますように。p7216412

こんな人には読んでもらいたい!

  • カナダ旅行を決めた!
  • カナディアンロッキーのバス観光が楽しみ!
  • カナディアンロッキーのトレッキングもやってみたい!
  • でも、何を着て過ごすの?
  • どれだけ寒いの?
  • 〇月ってどんな気候なの?
  • 他の皆さんはどう準備してるの?

こんな人たちには必ず役立ちます。

  • 今までの常識を捨てられる人。
    だって、日本の気候常識が通じないカナダのことなんだから。そして、常識は「変化・進化」してるから。
  • 自宅からの荷物を減らしたい人
  • 新しいことへの好奇心がある人
  • 多忙な毎日のすき間に「手間ひま」かけられる人
  • 旅行以外の出費(旅行後もムダにならない費用)にも納得できる人

そして、冷え性で冬の日常が憂鬱な女性にも読んでもらいたい(笑 カナダに行かなくても役に立つかもしれません。

こんばんわ、遥かカナダ(彼方)を “身近なカナダ” に 「カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。 http://tanakakoichi.com/

p7235257016

北海道出身でカナダ在住だけど、めちゃくちゃ寒がりです(≧◇≦) 特に手足の指先がじんじん・・・・

登山用品を揃えると日本からの荷物が軽くなる!

トレッキングや登山に対応した服装って、カナダ旅行にはいいことずくめ。 そして、登山用品の軽さと日常への応用はどんどん進化してます。

①変わりやすいお天気への対応がカンタン
カナディアンロッキーの観光はもちろん、町での散策や食事、買い物などにも
役立つ。バンフやジャスパー、キャンモアは山岳リゾート。滞在中に行動する高さは、標高1100~2400m(ホテル、バス観光、トレッキングなど)p7245931013

②手洗いですぐに乾くし、毎日着てもニオイがない
イマドキの登山用品は、山小屋泊とかテント泊の女性が、お風呂に入れないってことを前提にした商品開発です。だから、下着を含めてマメに洗えなくても臭わない、涼しくて温かい、軽くて薄い が当たり前。必要最低限の洗濯洗剤、小さい洗面器、クリーニング店のハンガーなどで手洗いすれば、日本からの衣類が減ります。コットン素材や化繊の衣類、デニムなどは、温かくないし洗う手間も生じます。

③5月、6月、7月、8月、9月の基本的な服装は同じ
カナディアンロッキーは衣替えのない生活。例年はこんなお天気だよ っていうパターンもないからビックリ。1日で0℃~30℃くらい変化することも珍しくない。

④日没は22:00! だから1日の温度差が極端になる
6月上旬~7月中旬は日没が22:00前後。8月は20:30~21:30 最高気温が夕方の16:00~20:00くらいに30℃を記録することも。太陽が高い時間と低い時間の温度差が極端で、暑かったり寒かったり忙しい。

まとめると、
1日のうちでも時間や場所によって、冬みたいに冷え込むし、夏みたいに暑かったりもする。ホテルに戻って、食事や買い物に出掛けるときでも、暑さ・涼しさの変化が極端なので、そのまま登山用品が役立ちます。これ、ホント。

1枚で暑さ・寒さにも対応できるのが登山用品の下着やシャツ。着てみると分かります。特に後述してる「メリノウール」は秀逸です。

雨でも雪でもハイキングやトレッキングが快適になる服装 (^^♪

  • レインウェア(雨具上下)
  • トレッキングシューズ
  • アンダーウェア=下着
    (登山用、ヨガ用など)
  • 登山用のベースレイヤー
    (詳細は別項目で)
  • ダウンジャケットやフリース
    (薄くて軽くて小さく折りたためる)p7150470016 p7040361016p8264129016 p7023815016

悪天候で不快になる服装
= 濡れやすい・乾きにくい・動きにくい

  • デニム(ジーンズ)
  • ポンチョやビニールカッパ
  • スニーカーやタウンシューズ
  • コットン素材(綿)のTシャツなど

ユニクロ商品の代用もお勧めしていません。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

1日で脱いだり着込んだりを繰り返す

p9058351016 p9058358013 p9058401013

冷え性の女性が安心できる「メリノウール」

冷え性の女性、暑がりで寒がり、そんな人には「メリノウール」がお勧めです。しかも消臭効果がバツグンらしい。冬の日常生活にも役立つから、「迷わず “買い!”」ですよ。

神戸のアウトドアショップ 「Sitting Bull」では、女性スタッフの「おけいさん」が日常にウールを汲み込んだ情報を発信してます。以下は、一部を抜粋。

メリノウール→ OLさんからハイカーまで、全ての女性の身体を冷やさない優れもの

New comer アウトドアセレクトショップと言う 肩書きを持つ靴下屋。 に、なりたいぐらい、 smart woolの靴下は愛すべき 履き心地。 登山シーンでは、足のむれをとり、 冷やさない。 残暑のこの時期こそ、woolで #冷え性対策 靴下と、あなどるなかれ。 そして、長持ち、2年選手の 靴下くんもいます。 woolときくと、暑そうですか? woolときくと、ちくちくしそうですか? アウトドアで使われるメリノウール この肌触りは口では、文字では説明できません。 まずは、一度試しにきてください。 #Sittingbull #Sittingbullforwoman #KOBE#こうべ#元町 #アウトドアショップ #Smartwool#スマートwool #冷え性対策を#冷えとり生活 #妊活応援 #今日もゲーターつけてます

KEIKOASADA-Sittingbull stuffさん(@sittingbull_forwoman)が投稿した写真 –

\寒い夜に毛糸のパンツを‼笑/ 異常気象の10月の 暑さで気づく、 トイレの時の パンツが冷たい件。 デカイ文字でパンツ・・・ は、どうかとおもいますが、 昨日は本当に痛感しました。 私ご愛用のウールパンツちゃんが、 洗濯中だった為、 ポリエステル、乾きの早い、 パンツをはいてましたが・・・ お手洗い後、 服を着る瞬間から、 暫く ゾクッと冷たいんです。 これまた、ご愛用のハラマキ をして、なんとか、 お腹の暖かさは 保ちましたが・・・ 化繊のパンツが当たり前だったときには、こんなもんかで、 着ていたのですが、 一度ウールを知ると、 だめですねぇ。 そんな、私から wool部から、ご提案。 季節に関わらず、 メリノウールパンツをの ススメ。 ∞商品紹介∞ ショーツタイプも カラーが充実 ibex バランスブリーフ ¥4320税込 本当に冷やしたくないときは、 ibex バランス ボーイショーツ ¥4960税込 この子達は、 きっと、あなたの強い見方。 #sittingbull #sittingbullforwoman #ibex #メリノウール #ウール部 #女子の見方 #レディース #冷え性改善 #生理痛対策 #妊活応援

KEIKOASADA-Sittingbull stuffさん(@sittingbull_forwoman)が投稿した写真 –

さて、関西は風が出てきた 神戸の夜です。 皆さま世の中的連休 中日ですが、いかがお過ごし でしょうか? 今朝起きた時に感じた 『ちょっとヒヤッと‼』は、 外れていなかったようで、 今秋初めて着た#smartwool のレギンスはとてもとても 好調なのです。 冷やさない安心感 日中の暑さにも 問題なく着続けれる オーバーヒートしない体温調整機能 山では勿論、 街でもお洒落に #メリノウール部 としては、良さを実感中です。 ∞ smartwool ∞ #日本非展開商品 #限定カラー #今期新色は2色 メリノウール220柄レギンス ¥12960税込 #数量限定お早めに!! #sittingbull#sittingbullforwoman #トレッキング#登山 #レディースウェア #女子のお悩み解決#生理問題 #トイレ問題#冷えとり生活 #冷えとり#妊活応援

KEIKOASADA-Sittingbull stuffさん(@sittingbull_forwoman)が投稿した写真 –

お手洗いが近い女性へ

トレッキング中のお手洗いは設置されていないところばかりです。「身体を冷やさない工夫」をしましょう。

●手足と頭、首を冷やさない。
●仙骨や肩甲骨の間にカイロを貼る
*あったかい帽子
*手袋
*Buffやスカーフなど
*テルモス(サーモス)でお湯を口にする
p8284505016p8284345016

念のためのお手洗いグッズ
①芯を抜いたトイレットペーパー ②使用後の紙を袋に入れて持ち帰るためのポーチ ③ウェットティッシュ

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

その②へ 続く→

カナダ旅行の服装と準備に迷ったら読んでほしい!最新情報その②
カナダ旅行の服装と準備に迷ったら読んでほしい!最新情報その②
ブラショーツも含め、直接、肌に触れる下着やベースレイヤーなどは妥協しないでください。コットン(綿)素材は乾きにくいし「汗冷え」を招くのでタブー (-_-;)

The following two tabs change content below.
田中康一(たなかこういち)
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き経験が浅い人たちが安心できる工夫が得意。「田中さんにお任せ!」と、リピーターになって再訪するゲストも多い。"お客さま" ではなく「"遊び仲間"」と呼びたいので、客扱いされたい人とは気が合わず。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍、エクスマ、コト売り。