12/25 お帰り、洋美 その②

昨日とはすっかり変わってド快晴! 今日も感動がいっぱいのスゴイ1日だったよー。
p1019212016p1019328016

洋美の初体験、マイナス20度越え! 実際にはマイナス25度まで下がってましたー(≧◇≦)
p1019211016

手足の指先はじんじん、カメラは冷え冷え、髪の毛も濡れマスクも凍る。
p1019372016

それでも、洋美が冬ロッキーを絶賛するワケ、屋外で「おでん」なんて食べれちゃうワケ、なぜかブランコしちゃってるワケ、今日のブログで伝えます。(^^♪
p1019359016s__4063269016p1019305016

数字だけで勝手に「寒いだけの場所」だなんて決め付けないで。彼女が冬ロッキーを楽しみに再訪する理由、ちゃんと理解してもらえたら嬉しいな。

こんばんわ、遥かカナダ(彼方)を “身近なカナダ” に 「カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。 http://tanakakoichi.com/

p1019228016

昨日の様子はこちらから→

12/24 4度目のロッキー お帰り、洋美その①
12/24 4度目のロッキー お帰り、洋美その①
あの「0点先生」の洋美が帰ってきたよー! 昨年8月から数えて、これで4度目のロッキー。そして、2度目の冬ロッキー。 おかえり、洋美!

 やみくもに着込んでもダメ

洋美の服装や工夫は以下の8つ。

  1. カイロを冷えのツボに貼る→ 仙骨、内もも、背中、お腹、足のつま先 など
  2. ファイントラックの下着
  3. メリノウールの薄いシャツ
  4. 登山用のタイツ2枚
  5. 帽子、Buff、ネックウォーマー
  6. 防寒グローブ
  7. スノーブーツ
  8. もちろん、冬対応できるジャケットやパンツは必須。洋美のそれは、薄くて軽い、でも暖かい高機能。

日本の日常のままなら、そりゃー、マイナス25度なんだから寒くて当然。でも、非日常の装備や工夫を組み込むことで、ちゃんと対応できます。やみくもに着込んでも暖かくはならない。それを伝えるのはぼくの役目、協力してもらうのは洋美の役目。ちゃんと理解・協力してくれたお陰で、7時間も外で遊んでられるってこと。
p1019273016

1日中ずーっと寒いわけではない

今日のように雲ひとつない快晴は、1日の温度差が極端! 午後には10度以上も気温が上がるってのが盲点。「放射冷却」っていうカラクリね。強烈なロッキーの陽射しを浴びるとポカポカにさえ感じるから不思議。
p1019327016

冷えきった身体を温めるために建物内に入ったりすることも大事。今日は宿泊していたホテルロビーを利用させてもらいました。「手足の指先じんじん」を回復させるには大事なこと。

で、その後にホテルの中庭で、めちゃ楽しい「おでんランチ」(笑) 日射のある場所を選べば、マイナス15度でも屋外ランチ出来ちゃうよー!(*^^)v お手洗いもホテルで借りられるから「冷え女子」にも安心(*^^)v
p1019314016 p1019304016

日本から買ってきてもらった「おでん」、めちゃ美味かったわー。洋美、ナイス選択!
p1019303016 p1019301016

何度も言うけど、マイナス25度でも1日中ずーっとその気温ではないし、建物や陽射しを利用することで対応できるってこと。 今回は洋美がそれを証明してくれました。

今日の感動体験!

楽しすぎる1日だったから伝えたいことはいっぱいだけど、今日の感動体験をまとめてみたよ。

①ロッキーの雪は「さらっさら!」 両手ですくって放り投げると、この舞い!
p1019236016p1019235016

ベンチに積もった雪も、ほらね、軽く払うだけ!
p1019231016

②川沿いの神秘は「フロストフラワー」
p1019292016

氷上のわずかな突起に、周りの水分が付着して夜から朝にかけて育つ「霜のお花たち」 晴天で放射冷却が続いた朝だけの、価値ある神秘!
p1019275016 p1019276016

③昨日に続き「シカさんたち」 しかも昨日より近い!もちろん、野生だよ(*^^)v
p1019379016 p1019378016

④突然のクリスマスプレゼント
p1019295016 p1019297016

宿泊してたホテルロビーにて、スタッフの着てたクリスマスセーターが「可愛い♥」って言う洋美に、「じゃー、あなたにプレゼントするわ、だって、Koichi の大事なフレンドでしょ? 何度も泊まってくれてありがとう」

漫画みたいなサプライズ、ホントに起こるんだー。ビックリだわ(笑)

「田中さんのツアーってやっぱりスゴイ!」 洋美はそう言ってくれたけど、それは君が引き寄せたご褒美だよ。オレは無カンケー。 でも良かったな(^^♪

「山女子」ではなくてフツーの女子

冷えすぎてた午前中は、キャンモアの住宅地を周ったり、町を歩いてみたよ。 特にクリスマスの飾り付けが「女子ゴコロ」に響くみたい。
p1019268016 p1019258016

洋美は「山女子」なんかではなく、フツーの女子。だって、1年365日のうち、山を歩く回数なんてたったの4~5日。いや、洋美だけじゃなくって、ぼくと一緒に遊んでくれてる女性は、全員が「女子」 当たり前だけど、ぼくはそのことを忘れてはいけないんだなー。
p1019263016

ぼくには永遠に理解出来ないんだろうけど、洋美には「かわいい~♥!」がいっぱい。まぁ、喜んでくれてるから良しとしよう(笑)
p1019294016 p1019248016 p1019254016

寒かったら走ればいい!(*^^)v

湖が凍った、その上にいるなんてー!(^^)! 嬉しそうに駆け出した洋美。後姿がめちゃ楽しそう(笑)
p1019349016 p1019353016

「寒かったら走ればいいんです! 日陰だってスゴイ楽しいですよ、田中さん!」そう言って寒がりのぼくを励ます洋美。 「冷え女子」の憂鬱をロッキーが完全に吹き飛ばしてくれたのかもね。暗くて寒いはずの日陰でも、笑顔を絶やさない洋美はやっぱ楽しい(^^♪
p1019357016 p1019355016

知る人ぞ知る、ここのブランコにも、「当然、乗るでしょ!」(*^^)v って威勢がいい(笑)
s__4063269016

田中さん、私、今日の中でこの場所がいちばん気に入りましたー!(^^♪
p1019361016

明日も寒そうな予報だけど、洋美がどんな笑顔になってくれるのか楽しみです。

補足→ 今日もずーっと筆談だったけど、ブログでは便宜上、会話形式で綴ってます。
p1019526016

3日目に続く→

12/26 お帰り、洋美 その③
12/26 お帰り、洋美 その③
誰がカナダのベストシーズンを夏って決めたんだろう。冬の美しさは、これもまた格別だよ。 

LINEで 『 “いつでも身近なカナダ” 』 に!
ロッキーの画像や最近の様子を田中が配信してます。

Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してくださいね ♪

The following two tabs change content below.
田中康一(たなかこういち)
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き経験が浅い人たちが安心できる工夫が得意。「田中さんにお任せ!」と、リピーターになって再訪するゲストも多い。"お客さま" ではなく「"遊び仲間"」と呼びたいので、客扱いされたい人とは気が合わず。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍、エクスマ、コト売り。