Twitter、楽しんで継続出来そうなきっかけをもらったよ

心機一転、アカウントを作りなおして17か月。それでも書いては止まり、しばらくして再投稿するも長くは続かず・・・

だけど、厚く覆われていたモヤが、すこーし晴れてきたような気がしてる。そう、今、Twitter が楽しくなってきたよー!(^O^)/
0000f1b5lfuzmwvzs7nslwbn

こんばんわ、遥かカナダ(彼方)を “身近なカナダ” に 「カナディアンロッキーの遊び屋&ENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。http://tanakakoichi.com/

ぼくのTwitter アカウント→
@tnk51canmore

20160917193513

「時間がない」は言い訳、ツアー続きだからこそヒント満載

9月になって、ちょっぴり「初期覚醒」を感じてます(^^♪

以下は、Twitter へ投稿した回数。

●5月→ 34
●6月→ 4
●7月→ 0
●8月→ 13
●9月→ 61

見事に「やる気ナシ男」だったね、こりゃ(笑)

「Twitter するほど時間ないよー、ブログだけで精一杯」 って言いながら逃げてたみたい。 ”時間がない” → ぼくがいちばん嫌いな言葉を自分の言い訳に使ってたよ・・・(>_<)

だけど、 もがきながら探し続けた8月が終わると、ブログのために張ってた「アンテナ」が、Twitterへ向くようになってきたかも。

「ツアー続きだから時間がない」のではなくて、ツアーで毎日ゲストの声を直接聞けるからこそ、書きたいネタが浮かぶ(*^^)v

そう思えたら、 Twitter の投稿イメージがどんどん膨らんできました。9月はツアーが多かったにも関わらず、投稿数が飛躍的に増えてるもんね(*^^)v

ようは、言うほどアンテナを張ってなかったし、張るべき方向を見誤っていたってこと。「時間がない」と言い訳する前に、工夫も思考もしてなかったってことだよね。

異業種のフォロワーさんたちからも、たくさんのヒントありでしたよ。

笑顔が広がりますように

そして、こんなコメントでさらに吹っ切れました。


お客さんがOKしてくれるなら、
笑顔をもっと見たいです。

これを読んだとき、なんだか、なるほどー! って思いました。だって、ゲストが笑顔いっぱいで写ってる画像はたくさん在庫があったから。それならムリなく投稿できるかもって思ったから。

べつにリアルタイムで投稿する必要なんてないしね。過去画像をたっぷり使おう! そう考えたらめちゃ楽になった。

で、すぐに始めてみたよ→
「笑顔は伝染する」 シリーズ

「笑顔いいねー、楽しそう、カナダ行ってみたい、」
そんな画像は見てる人を笑顔にするし、それが分かれば、撮られたゲストも、載せたぼくも再び笑顔になれるはず。笑顔の伝染と循環だね(*^^)v

発信と継続がないと反応がないのも当然

さらに、画像だけじゃなくって笑顔が広がりそうなブログも投稿してみたところ、

こんな嬉しい反応が!

やっぱ共感される反応があると俄然、モチベ上がるよねー(*^^*) でも、そのためには発信! 継続して発信しないと反応されるわけもない。

10月上旬で夏ツアーは終了だけど、その後は在庫画像から「笑顔」を探せばいい。もっと言えば、ぼくのゲストじゃなくたって、笑顔になれるネタを見つければ良い。

思考と工夫でアンテナ張っていければ、飽きずに継続も出来るんじゃーないかな? 笑顔になれるネタは溢れているんだから。

今日のまとめ

「忙しい」とか「時間がない」ってホントに卑怯な言い訳。でも、そう言いながらも同じように言い訳してるぼくがいるのも事実。ダメだねぇ・・・・

ツアー続きの毎日だからこそ、気付けた Twitterへのネタ探し。ようは、視点を変えることができたお陰だと思います。

ただアンテナを張るだけじゃダメで、アンテナの角度を変えてみたり、アンテナ張ってる人を観察してみる。そうすることで、視点を別の場所に移動させることが出来るんじゃないのかな?

Facebook もそうだけど、「いいね!」の数に一喜一憂するより、もっと見据えなきゃいけないものがあるって思うから。誰のために、なんのためにSNSで発信してるの? っていう基本だよね。

Twitter もブログも、直接の反応がなくても、まずは継続する。地味ぃ~に続ける。ちゃんと工夫して、考えて継続する。それが次のステップに繋がると信じて。

Instagram も発信したいこと、たくさん!
時間を捻出しないとー。やるよー!!

それではまた!(*^^)v

The following two tabs change content below.
田中康一(たなかこういち)
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き経験が浅い人たちが安心できる工夫が得意。「田中さんにお任せ!」と、リピーターになって再訪するゲストも多い。"お客さま" ではなく「"遊び仲間"」と呼びたいので、客扱いされたい人とは気が合わず。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍、エクスマ、コト売り。